ニュース・トピックス
HOME  
 
ニュース・トピックス一覧
 
令和元年度一番牧草収穫作業終了
2019年08月29日

令和元年度一番牧草収穫作業終了

 上士幌町農作業コントラ利用部会は6月中旬の植生調査及び利用者全体会議を経て、6月18日から7月6日までの延べ15日間の日程で一番牧草収穫作業を行いました。


 今年度は春耕期の天候が干ばつ傾向にあり、特に5月下旬の高温で草丈が伸びる前に出穂する採草地も散見されましたが、6月以降の低温と適度な降雨により収量は平年並みを確保できました。収穫作業についても期間中は比較的好天に恵まれ圃場条件も良く例年以上に作業は順調に進みました。併せて、適期に収穫作業を終えることができ、栄養価についても良質な物ができ上がると見込んでいます。


作業体制については、4セット体制での作業が行われ、作業面積は全体で1,413haとなりました。


今後もコントラクター事業では、消化液散布、堆肥散布、二番牧草収穫、デントコーン収穫、ビート・大豆収穫作業等を実施していきます。